読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gana Over!!

手に汗かいてゲームする雑食系プレイヤーがお届けする感想ブログ。

ブログ開設2周年! 一人会議

 5月15日で、ブログ開設してから2年になりました。ここまでチマチマとやってきましたが、少しずつアクセス数も増えてきて、嬉しさMAXでございます!

 別にブログで金儲けしているわけではないので、緩くやっておりますが、今後ともチマチマやっていきたいと思います!

 

 

今まで投稿した記事に関して

 投稿記事数・35本

 頂いたコメント・8コメント(内、返信4コメント)

 ゲームソフト数・29本

 人気の記事戦国無双4Empires、討鬼伝2体験版、ドラゴンエイジ

 人気検索ワード・戦国無双4Empires、討鬼伝2体験版、ソラス ロマンス、モンハン つちのこ

 

・投稿記事数、投稿周期

 更新は月1程度。最大でも月に5つの記事を上げていました。更新が緩い、と自分でも思っていましたが、本当に緩いですね。

 新作のゲームが発売されて、うっかりがっつりプレイして日が空いてしまったりすることもありますが、逆に新作ゲームの発売がなくてひと月更新が空いてしまったことも……。

 これからは新作のゲーム情報も含めて、更新頻度を記事1つ分くらいは増やしていきたいと思っています。……思って、います(´・ω・`)

 

・記事の傾向と質

 面白かったゲームはわりとゲームシステム面まで時間をかけて丁寧に書いている反面、面白かったけど私はもうしないかなというゲームは雑。ここは本当に、反省点!

 スクリーンショットが撮れない3DSのゲームだと味気ない内容に見えてしまうし、有名ゲームはシステム面の説明よりも豆知識や雑学的な話題をメインにした方がいいのかなと、迷ってしまったり……。 

 

 

人気記事を振り返る

 一番人気は戦国無双4Empiresだったのですが、正直言ってコエテクさんの波に乗っかった形なのではないかと、自信を持てずにいます。私のエディ子が可愛いのは認めるけど(オイ

 無双記事がトップを飾る以前は、ビッグタイトルがドラゴンエイジ:インクイジションしかなく、ほぼ独走状態でした。しかもソラスをダメダメだとかけちょんけちょんに言い放題だったのですが、最終的に彼は、本当に良いハゲでした。いまだにあの作品中でロマンスナンバーワンです。ハイ。

 

 無双に次いで人気だったのが討鬼伝2体験版。こちらもコエテクさんのタイトル。強いぞ!コエテク! こんな弱小ブログで取り上げてこれだけのアクセス数なのだから、製品版リリース後はいか程の人気になる事やら……(;'∀')

 もう間もなくVitaでも体験版が公開される上、PS4版もアップデートが入るようなので、その頃また記事上げてみようかと思っております。べ、べつにアクセス数上げたいとかそういうんじゃないやい!

 

 大きな声では言わないけれど、モンハンのつちのこについても、検索で立ち寄られる方がいて、面白い。ひっそり検索されてて、なんかいとおしい

 

 

これからの活動

 今までもそうでしたが、これからもアクションやRPG洋ゲー、携帯ゲーム機などジャンルや機器にとらわれず、気になったタイトルをプレイしてマイペースに記事にしていこうと思っています。

 あと、これは必須課題として、スクリーンショットを撮る癖をつけようと思います。いざ記事にしようとキーボードを叩き、「よし!文章かんs……あ、SSがない」なんてことが何度あったことか……。記事に合わせてSSを取る事のなんと難しい事か。

 

 大きな問題として、乙女ゲーをどうしようか悩んでいます。乙女ゲーやアドベンチャーゲームはプレイ自体がスローペースというか、本命ゲームの合間にプレイしているので、記事になるまでにかなーり時間がかかります。でも今後も気になるタイトルがちらほらと出てくるので、発売から日が経ってからこっそり書いてみても、罰は当たらないよね!

 とは思いつつ、ぶっちゃけストーリー面でネタバレするのがはばかられるので、配慮に配慮を重ねてキャラクターの萌え語りみたいになりそうだし、控えめにレビューするに至る気がするんだな。

 

 

 

 ブログ開設当初は「どうせ2、3か月で更新止まるだろ」とか自分でも思っていました。気負いせずに自分のペースで書くように心がけると、だんだん楽しくなってきて、案外書けるもんだな! と調子こいてやる気も出てきました。だからと言ってテキトーに書いているわけではっ!ないですよっ!

 アクセス数は気にしないようにしていますが、コメントはむしろ嬉しいのでドシドシお寄せください! コメントありがとうございます! 返信遅れ気味ですが、緊張しながら返信させて頂きますので、気長にどうか気長にお待ちいただければと。

 

 これからも、力を入れ過ぎない記事を、出来る限り面白く分かりやすく書いていければと思っています。

 3周年迎えられるように頑張りますので、よろしくお願いいたします!