読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gana Over!!

手に汗かいてゲームする雑食系プレイヤーがお届けする感想ブログ。

え?恋愛ゲー? 「ファイアーエムブレムif 暗夜王国」

 梅雨の時期で湿気が多くてぐでっとやる気がそがれていますが、私は元気です。

 

 さて、早速ですが。FF14の合間にちょこちょこと進めています、ファイアーエムブレムif (以下、FEif)。今作はなかなかどうして難しくなっているように感じます。

 というのも、FEifは「白夜王国」と「暗夜王国」の2種類あるのです。白夜王国の方はシリーズ従来の難易度らしいのですが、暗夜王国はそれより少し難易度が高めで入手できるお金の量や敵もちょっと強いです。

 

 敵の強さやストーリーも気になるところですが、今回は触れません。じゃあ他になに書くんだよ、とお思いのあなた。FEといえば?……そう支援会話ですね。年々大幅にその色を濃いものにしてきている、支援会話です

 FE覚醒でも、皆さま「ちょっとこれ、恋愛ゲー過ぎね?」っていうくらい恋愛色濃いものになっていたと思うのですが(※あくまで個人的な意見です)、FEifではその色はより濃く、濃すぎてなんのこっちゃ分からん、という程になっています。

 

 戦闘中、隣り合わせになったキャラクター同士の好感度が上がるのは今までと変わりません。FEifではそれとは別に、部屋に招待してイチャイチャすると好感度が上がる仕様になっています。

 今作では拠点となるマイキャッスルなるものが存在しまして、そこにプレイヤーの個室があります。そこに任意のキャラクターを招待して二人でキャッキャウフフするのです。

 

 招待してキャラクターが部屋を訪れたらまず、タッチ画面を使って招待したキャラクターを撫でます。撫でられたキャラクターは(なぜか)フルボイスで対応してくれます。ハートマーク型のケージがいっぱいになると触れ合い終了で、招待したキャラクターは頬を赤らめて、聞いているこっちが恥ずかしくなるような照れボイスを吐き捨てて、さっそうと帰っていきます。

 招待で上がった好感度は戦場での好感度と共有されるので、この時点で支援会話が発生することもあります。支援会話のランクがSになると、これまたフルボイス+赤面お祝いの言葉?を言ってくれます。(結婚できるキャラしか見ていないので、他のキャラがどうなっているかはわかりません!)

 その後、画面が切り替わって子供がどうので異界に匿ってどうのこうの説明が入り、戦場に外伝が追加されます。おそらく子供が仲間になるのかな? 支援会話回収のためにイベントだけ見て回ったので、そこまでやっていません。 

 

  支援会話はここまで来るとちょっと度が過ぎているのではないかとは思いますが、ストーリーも良いですし、キャラクターも多い。個人的に暗夜のキャラクターが好みだったので暗夜にしましたが、白夜にもいい感じのおじs……殿方がいるので、暗夜が終わったら白夜の方にも手を出してみようかと思っています。

 追加コンテンツもダウンロード配信されているので、すべての章を合わせると60章くらいになりますね。

 

 多すぎてお姉さんついていけないよ(´・ω・`)